相手目線で考え、行動する。

お客様にもメンバーにも

寄り添っていきたい。

2014年入社 部長職 T.A

単なる営業マンにとどまらない

アントラスは風通しのいい会社だと思います。もっとこうしたらいいんじゃないか…そんな発信を取り入れてもらえるケースも少なくありません。単に「何かを売る」という営業にとどまらず、経営者目線で「会社がどうすればうまくいくか」を考える力も必要ということから、営業マンとしてスキルアップ出来る環境があると思い入社しました。実際に入社してから感じたことは、自分の裁量で取り組めることが想像していたよりも多かったということです。日々の仕事の進め方、取り組む内容、営業プロセス等といった部分を、「こうしなければならない」と決められているわけではなく、自分で考え行動することが出来るため、自分で決めたからこそより責任をもって日々の業務にあたるようになりました。

アンテナを張って吸収し続ける

ITの営業なので、やはりITの知識が無いことには提案もできません。日々知識を増やせるよう勉強は欠かせませんし、最新の情報をいち早くキャッチできるように情報収集も積極的に行っています。自分の知らない用語に出会った時は、必ずすぐに調べ、ひとつでもわからないことはつぶしていく、これは入社当時から変わらず続けていますね。
また、自分にないものを持っている人や尊敬できる人との時間は出来るだけ作るように心掛けています。一緒の時間を過ごすことで、その人の人となりだけでなく、営業としての考え方や、会話の仕方、さまざまな状況下での判断の仕方など、非常に学ぶことが多くあります。

良い関係づくりのために
営業活動においても、メンバーのマネジメントにおいても、相手目線で考え行動することを意識しています。
例えば営業活動においては、お客様に満足いただくだけでなく、その結果を受けて別の会社をご紹介いただけた時は、「やってきたことは間違っていなかった」と非常にやりがいを感じます。結果として、取引先も増え、売上も増え、常駐しているお客様への貢献に繋がります。この良い循環を作るために、お客様を理解しお客様のためを想い、お客様の伴走者として寄り添うことが大切だと考え、日々仕事をしています。
また、メンバーとも会話の機会を積極的に持ちたいと考えており、仕事に対しての思いや悩みなども共有できるよう1対1での面談も積極的に設け、相談がしやすい関係づくりを意識しています。時には雑談だけで終わることもありますが、Mgrとしてのアドバイスはもちろんのこと、メンバーに目線を合わせ寄り添った会話をできるよう努めてます。
  • 1日のスケジュール
  • 9:00 出社・メールチェック
  • 10:00 社内打ち合わせ(案件の進捗確認など)
  • 12:00 ランチ
  • 13:00 問い合わせ対応
  • 14:00 資料作成 (提案資料や製品資料)
  • 16:00 取引先へ往訪 (セキュリティ商材の提案)
  • 18:00 帰社・打ち合わせ後のフォロー
  • 18:30 退社

お客様と会話のキャッチボールがしっかりできる、コミュニケーションがしっかりと取れる方がいいですね。また自発的に行動出来て、新しいことにも前向きに取り組める方と働きたいです。自分の裁量で動ける範囲が多くあり、そういった方にはやりがいに感じてもらえる環境が整っています。また、よく"気が付く人"というのも営業には欠かせない素質ですね。