技術者が主役。

IT業界に名を残す仕事を。

2010年入社 H.O

いい意味で裏切られました

転職活動時は様々な企業を検討していましたが、最終的にアントラスへの入社の"決め手"となったのは、「エンジニアのエンジニアによるエンジニアの為の会社」という言葉でした。IT業界は技術者が主役であるべき、、、と私は考えていますが、アントラスはその考えと一致していましたので、安心して入社を決めることができました。
入社後にいい意味で期待を裏切られたと感じた点としては、「エンジニア」を前面に押し出していたので個々人が個人の技術で戦っている会社なのかなと思い込んでいましたが、実際はすごくチーム戦の会社だったことです。もちろん、個々の技術が軽視されることはありませんが、技術と同じくらいチームワークも大切に考えられています。今ではチームのリーダーという立場で技術力に限らずチームワークの底上げにも尽力しています。

子供に自慢できる仕事をする

「IT業界の地図」に残る仕事をしたい。それが今の夢であり目標でもあります。インフラの会社である建設会社が「地図に残る仕事」を生きがいにするように、ITというインフラを扱う技術者として、「お父さんはこのシステムを作ったんだよ!」と子どもに自慢できるような、「IT業界の地図」に残る、そんなシステムを作りたいと思っています。

「安心・安全・安定稼働」を何より大事に

ITインフラは、ITにおける血管です。事故が起きてしまうと、コンピュータシステムの生命にかかわります。内容によっては本当に再起不能になる危険性と隣り合わせなのが、ITインフラ運用です。絶対に事故は起こしてはいけない、その固い意志の下、慎重に慎重を重ね仕事を遂行すること、これを何より大事にしています。
また、メンバーが技術者として成長しつつ、お客様にも信頼され続けるチーム作りを意識し、リーダー業務も楽しんで行っています。アントラスは、自ら学ぼう、成長していこう、そういう意思があれば、全力で応援してくれる会社です。エンジニアにとって勉強は必須ですが、アントラスではその勉強も、上司と共に目標設定をし、上司と共に目標に向かって頑張れる環境があります。私は、チームのリーダーとして、メンバの目標を一緒に作っていく立場ですが、メンバーが努力し目標を達成する姿を見られることはとても嬉しいです。

  • 1日のスケジュール
  • 10:00 朝会(メンバ全員参加の予定確認会)
  • 10:15 タスクアサイン
  • 11:00 チーム週次定例会
  • 12:00 案件対応(機器構築案件対応など)
  • 14:00 昼食
  • 15:00 案件対応(作業手順書作成など)
  • 16:00 顧客との打ち合わせ
  • 17:00 リリース作業(本番機器設定変更対応)
  • 18:00 案件対応 (作業手順書のチェックなど)
  • 18:30 メンバのタスク状況確認
  • 19:00 退社

アントラスはエンジニアの会社です。「エンジニアとして成長していきたい」「エンジニアとして仕事をしたい」...そんな仲間と働きたいですね。エンジニアとしての技術力に不安があるなら、一緒に成長していきましょう。技術力があるなら、その技術力で感動を与えるような仕事を一緒に創り上げましょう。エンジニアとしての幸せを共有できる仲間と仕事が出来るなら最高です!