幅広いスキルをもち、

ユーザー思いの頼られるチームを作る

2011年入社 部長職 K.O

熱心な先輩のおかげで不安は吹き飛びました
エンジニアの就職の際には、「まずはオペレータ業務から…」といった説明をたくさんの企業で聞くと思います。ところが、ATCでは監視・運用~設計などの上流工程までトータルで携わることができます。
実際に私が過去に転職活動をしていた際も、そこに魅力を感じ、また、キャリアパスが描きやすかったことが入社の決め手となりました。さらに、やる気次第で勤務年数にかかわらずステップアップしていける環境だと聞いたことも大きかったですね。
入社してからは、24時間交代性のシフト勤務の現場に配属になり、シフト勤務のイメージがわいていなかったので正直不安でした。ですが、実際に働き始めてみると、一緒にシフトに入った先輩方が夜中だろうと何だろうと熱心に色々と教えてくださって、「頑張っていけそうだ」と前向きな気持ちになったことを覚えています。
着実にスキルアップできる環境があります
現在は24時間交代性の現場でグループリーダーを経て部長職を任せてもらえるようになりました。
現場の業務内容はNW保守・運用~構築・設計、監視サーバも自前で建てたり、ウイルス対策もしたりと、多岐にわたります。 他の部署と違うところは、交代制なので、チーム全体で連携を取りながら、引継ぎは入念にしているところでしょうか。その分チームの団結は一際強いと感じています。
また、ここでの経験は下流~上級までトータルで携わることが出来るので、運用経験を踏まえたうえで設計に携わる、といった視野の広いエンジニアになっていくことが出来ます。着実に経験を積みつつステップアップしていける点はエンジニアにとってとても良い環境だと思います。
ユーザ目線で、頼られるチーム作り

日々の技術習得やスキルアップの為に、IT系の情報サイトで今後の技術動向や事例に目を通したり、現場で使用している機器メーカーのリリース情報をチェックする時間を設けています。最新技術の情報をキャッチアップしていくことはエンジニアにとってとても大事だと考えています。また、私のチームには「ユーザから見て頼りがいのあるチーム」であってほしいと思っています。自分たちのチームが、「ネットワークでもサーバでも、小難しいことはとりあえずあそこに聞いてみよう」とユーザから思ってもらえる存在でありたいですし、そう思ってもらえたら嬉しいですね。実際に、私自身がユーザからの問い合わせに対応する際も、「こんな対応をしてもらえたら嬉しいな」ということを必ずイメージして、丁寧かつスピード感のある対応を出来るように心がけています。

  • 1日のスケジュール
  • 9:00 出社~メール確認
  • 9:30 朝会
  •    (打合せや作業予定など一日の流れを皆で共有)
  • 10:15 チェック作業
  •    (設定変更手順や改版資料のチェック、承認)
  • 11:30 打合せ準備、資料作成
  • 14:00 ランチ(ごくまれにお弁当持参)
  • 15:00 定例会など打合せが多い時間帯
  • 16:30 ユーザ問い合わせ対応
  •    (通信不具合の切り分けや、NW構成の説明など)
  • 17:30 打合せ議事録作成
  • 18:00 退社

技術が好きで責任感の強い方が入ってきてくれると嬉しいです。技術への関心が高ければ高いほどどんどん伸びていくのは言うまでもありませんが、難易度の高い案件や、現場が抱えている課題などに対して「自分が解決するんだ」という責任感を持つことも同じくらい必要ことだと思っています。あとは若干のユーモアがあれば言うことないですね。